訪問理美容師が熊本地震の時に避難所に無料カットボランティアに行った話

訪問理美容師が熊本地震の時に避難所に無料カットボランティアに行った話理容室・美容室ネタ

2016年4月20日 熊本地震から数日経った頃

僕は、実家のある熊本へ向かいました。

地震発生から3日程経って、居ても立っても居られるわけもなく

飛行機もやっと便数限定で運行し始めたので

仕事も無理やり都合をつけて成田空港第三ターミナルから

熊本へ飛び立ちました。

Twitterでも話題のこの飛行機も見ることが出来ました。↓

熊本へのエールが書いてある飛行機

 

がまだせ!熊本 (頑張れ 熊本)

機内はほぼ満席。

機内

 

熊本空港は、壁や天井が落ちている状態でした。↓

天井や壁が崩れた熊本空港

 

実家の室内の様子↓

地震で散乱した室内

 

実家はものが散乱して上記のような状態で危ないので避難所で過ごすこととなりました。

避難所の様子

 

避難所の様子 

次の日、ある程度家のことを片付けていると 今度は大雨が振り

屋根の瓦はところどころ落ちているので、一時的に業者の方にブルーシートを貼っては頂いたものの…

ブルーシートの隙間からは雨が入り込み、部屋も雨漏り状態↓

雨漏りしている室内

 

もう手がつけられないくらい雨が漏れてきました。

傘を逆さにしたり畳を上げたりしたのでしたので被害は最小限度にすみましたが…。

地震後の近所の様子

 

ちなみに近所の様子です。

地震で家が傾いている

傾いている自動販売機

柱が傾いている建物

 

 

 

4月23日実家はこれ貼られました↓

要注意宅地の張り紙

 

4月24日頃、ヘアーカットボラアンティアをしにハサミを持って近くの避難所に行っったのですが、

まだ生き延びることに必死で、髪の毛に意識はない様子でした。

声をかけても、それどころじゃない雰囲気が言葉とともに感じました。

ヘアーカットボランティアするにしては若干早かったようです。

この時は実家の修復と救援物資の調達で終わり、

仕事の関係もあり一旦埼玉の自宅に帰ってきました。

4月29日、地震後2回目となる熊本へ向かいました。

熊本駅

 

そして熊本市立湖東中学校で午後一時半から五時までボランティアカットしてきました。

正確じゃないけど 多分13〜14人かな カットしてきました😄

そりゃあ 喜んでくれました。

ずっと拝みながらカットされるおばちゃん

とにかく小ギャグばかりかますおっちゃん

襟足の生え方が日本一上向いて生えてるダンナさん

自ら他の人に声掛けと誘導係をしてくれた元理容師のおばちゃん

イケメンにして〜しか言わないおばあちゃん

カット後、ラベルのないコーヒーくれたおばさま

断っても断っても僕のポケットにお礼を入れたがるおばあちゃん

それを見て、私も入れようと財布見に行ったら持ち合わせがなかったおばあちゃん

自分は切らないけどずっと見てる人

あんたはうまかね〜を30回くらい言ってくれた人

トゥーシャイシャイボーイな小学生

エリザベス女王みたいにしたい人

ハゲてることをコッチが引くくらいネタにしてた禿げてたおっちゃん

カット後ナンパされないように気をつけるらしいおばあちゃん

などなど…

女性の髪の毛をカットしている男性

とにかく笑いが絶えない現場でした。

翌日も五人くらい予約が入りました。

できる人数には限りがあるけど少しでもね笑顔になってくれたらね。

4月30日も湖東中学校行きました。 
この日は6人だけカットさせていただきました。
避難されてる方はほとんど外出していたので、1時間半ほどしていましたが、依頼者が途切れたのでやめました。

その後、友人宅(個人避難)にも避難されてる方がいたのでそこで5人カットしました。

この2日間で24人くらいかな?

24個の笑顔が見れて良かったです。 

 記事は以上となります。
最後まで読んで頂き本当にありがとうございました。
よろしかったら下のボタンでシェアして頂ければ嬉しいです。
自動翻訳ではありますが英語や中国語やその他の言語でも同時配信しておりますので各記事のサイドバーからご覧くださいませ。
※記事によっては多言語されていない場合もあります。
今後もできるだけリアルでおもしろくて有益な情報を配信していきたいと思っております。